リクルートエージェント 面談

MENU

リクルートエージェントの面談は?【俺の転職体験記・ノウハウ公開】

職場の人間関係と仕事内容で悩み転職活動を開始。
リクルートエージェントに登録し、6週間で志望企業に内定をゲット!
面倒な履歴書・職務経歴書の使いまわしができたのでスムーズに転職活動を進めることができました。

 

ただ、公開されている求人が多すぎて、実際に応募してみるまでは、「本当に皆、求人見つけられてるの?」って気になってたんですよね。
このサイトでは、エージェントや転職サイトへツッコミを入れたり、実際に大手企業内定へこぎつけた私の履歴書・職務経歴書も載せたりして本音で話します!
転職するまでの道のりも載せているので役に立つとうれしいですね。
おしゃべりするような感覚で書くのでリラックスして読んで下さいね。

年収の高さに釣られてはいけない・・・。

仕事にも慣れてきて、しっかりと成果を出しているのにも関わらず社内では評価されない。
逆に自分より仕事をしていない人の方が評価されている。
「どういうこと??」
こんな感じでモチベーションが上がらない日々。
20代前半は仕事を覚えるのに必死で評価なんて気にもしていなかったんですが、30代に近づくに連れて同期入社との評価・ボーナス査定の差がはっきりと出ていることに気づきました。
20代身を粉にして頑張ってきた内容が全く評価されていないと感じて、徐々に仕事のモチベーションが低下。
「もっと自分が評価される環境があるんじゃないか?」と考えネットサーフィンをした時にリクルートエージェントに出会いました。
公式サイトを見て驚いたのは、75%以上が非公開求人。
登録しなくても見れる求人は超大手か超マイナーで知らない企業の求人ばかりで登録しないと何一つ役立つ情報を収集できない・・・。

 

求人を見ていると年収の幅が広い求人も見かけました。

 

想定年収の幅が数千万な求人があることに正直、違和感を感じました。
私はこういう求人は、怖くて応募することができないし、求人内容を見る気にもなりません!

 

「桁違いの想定年収で釣らないと求人に応募する人を見つけられないの?」って思っちゃいます。
公開されている求人の一番上の求人がこの求人だったので、正直別のエージェントに登録しようかと迷いました。
でも、非公開求人を覗いてみたいし、登録自体は無料なので損はないな!と思って転職サポートに申し込みました。

 

私が実際に東証一部上場企業・平均年収600万以上の企業に内定をGETできた履歴書・職務経歴書も載せました♪
(※個人が特定されない範囲で加筆・修正しています)

転職活動はプロを活用する時代?

公式サイトの<はじめての転職で不安な方へ>に書かれている転職エージェントの具体的なサポート内容は良さそうなことばかり書かれています。
でも、「そんなん書いているだけでしょ?」って思っちゃいますね。
表向きの事と現実が違う事はよくあること・・・。

 

人生色々経験しています(苦笑)

 

冗談はこれぐらいにして、私と同様にリクルートエージェントを使って転職したリアルな良い口コミ悪い口コミについては別記事にまとめています。
利用経験があることをブログで書いている人に直接取材を申し込んで書いた内容なので、嘘偽りのない情報になっています。

転職エージェントに共通する2つのデメリット

どんなに有能なエージェントに登録をしても、エージェントには2つのデメリットがあると言われています。
1つ目は、企業と直接交渉することができないこと。
エージェントに登録し紹介された求人に応募する場合、企業と求職者の間には必ずエージェントがいるので勝手な交渉事をすることができません。
例えば、履歴書・職務経歴書も本当に企業に届いているのかも分かりません。
企業に届ける前にエージェント内の選考で脱落していることも考えられます。
ブラックボックスな面が多いですね。

 

2つ目は、キャリアアドバイザーと相性が合わないことがあること。
転職サービスに申し込むとキャリアアドバイザーが転職活動のサポートをしてくれます。
でも、相性が合わないとまともにコミュニケーションすらできない場合があります。
そのため、適切な求人を紹介されなかったり、面接の日程調整がうまくいかないというトラブルが起こる可能性があります。

 

この2つのデメリットがあるので、
転職に関心はあるけど、コミュニケーションをとったり、交渉したりすることが面倒ですぐに始めようと考えない人がが多いのはこういう現実があるからだと思います。

リクルートエージェントの面談って何するの?

ここまで色々と辛口でツッコミを入れてきましたが、
実際にリクルートエージェントの転職サービスに申し込んでみると、親身なサポートに驚きました!
転職活動は「二人三脚」で進めることが大切”ということを肌で実感したんです。

 

振り返ってみると面談時にしっかりと自分のことを把握してくれていたことに転職活動成功の秘訣があったことが分かりました。

キャリアアドバイザーと面談する意味は?

面談と聞くと品定めされているようなイメージがありますよね?
でも、それは大きな間違いです。
実際は、「この人はこういう人だ!」と上から目線で把握するんではなくて、どういうサポートができるかを考えてくれる場になります。

 

無料でサポートしてくれるのは、転職者の余計な作業や負担を減らして面接に思う存分臨んでもらうことが仕事だからです。

面談というのは、求職者とキャリアアドバイザーが今後の方向性と戦略を共有する場。

 

求職者とキャリアアドバイザーの方向性が合っていれば、コミュニケーションも円滑になりお互いに多くの情報を収集することができます。
これが逆に、できていないとお互いの意見が食い違い、何の話をしても噛み合わなくなります。
これを面接段階まで引きずってしまうと致命傷になりかねません。

 

だから、転職サービスに登録することよりも、キャリアアドバイザーの方と面談してお互いのことを知ることが一番大切なことになります。

普通のエージェントサービスとの違い

転職サービスの2つのデメリットを「転職サービスを使い倒す」と「キャリアアドバイザーの変更依頼」で解決♪

 

リクルートエージェントは、数ある転職サービス会社よりも「実績豊富なアドバイザー」と「充実した転職サポート」が手厚いです。
転職サービスといえば、「求人を紹介して終わり、あとは宜しく!」というイメージがありますが、リクルートエージェントには、書類選考~面接日程調整~入社前交渉まで企業としっかりとコミュニケーションを取り、要望をしっかりと企業に伝えてくれます。
求職者は直接企業と交渉ができないからこそ、こういったキメ細やかな対応は嬉しいですよね。

 

また、リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人数で常時10万件以上あると言われています。
これだけ求人数が多いということは、それだけ企業もリクルートエージェントを頼りにしていることの証明だと思います。

 

非公開求人とは一般の求人サイトに掲載されていない求人のことをいいます。
リクルートエージェントを使えば、応募する求人のほとんどは他社では扱えない非公開求人になるので、企業との交渉もしやすく求職者側に立った意見も言いやすい環境にありますよね。

非公開求人だけじゃない!成功ノウハウがたくさん!

リクルートエージェントには自己分析・業界、企業研究・履歴書、職務経歴書の作成、面接準備、対策など転職活動をサポートする仕組み・ノウハウが蓄積されています。
さらに、最寄りの営業所では面接力向上セミナーが定期的に開催されていて地味に役立ちます。

 

リクルートグループということもあって営業担当者さんのレベルが高いです!
転職活動で悩むポイント、ポイントで相談にのってくれるのでかなり心強いです。

東証一部上場企業突破!の履歴書&職務経歴書は?

お待たせしました!
「ここだけが見たいんだよ!」という方もいらっしゃったのではないでしょうか?
それでは、公開です。
参考になると思った箇所はどんどん真似してくださいね♪

履歴書

まずは履歴書がこちら。

職務経歴書

そして、職務経歴書がこちら。

感想

私の履歴書と職務経歴書をご覧になってどう思いましたか?
意外に普通?
中堅私立大学卒業で等身大の自分しか書いていないですからね。

 

でも、こういう経歴でも東証一部上場企業&平均年収600万円以上の会社に30代を超えても入社できるんですよ。
毎日帰宅時間の平均が23時頃の時期に転職活動をしていました。
限られた時間を使って内定をもらえたことに正直ビックリしています。
求人の紹介や、履歴書、職務経歴書の添削、面接の日程調整をリクルートエージェントさんがしてくれなかったら絶対できなかったですもん。

 

転職活動の広告やCMとか見ていても転職すればハッピーみたいなことしか伝わらないですけど、いざ始めようと思うとやることが沢山あることに気づきますよね。
その大変さを伝えずに転職を促すような転職サービスは、ブラック企業しか紹介しませんので注意してくださいね。

 

でも、リクルートエージェントは最初の面談から転職活動の大変さ・難しさもしっかりと教えてくれました。
その時が「本気で取り組もうと決意した瞬間」でしたね。

 

それに、面談だけで終わりだけじゃなくて、その後のサポートも抜群で転職活動が前に進んでいる実感がありました。

リクルートエージェントのココが嬉しい

最初の面談がとても丁寧だった

履歴書・職務経歴書の添削をしてくれた

関心のある求人をどんどん紹介してくれた

面接の日程調整対応が素晴らしかった

面接力向上セミナーの充実度が高かった

内定後の年収交渉もしっかりやってくれた

自分の要望に沿った企業への転職することができた

転職活動は1ケ月半で終わったのですが、こんなにスムーズに進むとは正直思っていなかったです。
転職活動は簡単に勧められるものではないですが、転職活動における自分の市場価値を知ったり、経験を積むことに繋がると思っています。
信頼できるエージェントに登録し、相性の合うキャリアアドバイザーとタッグを組めれば転職活動の未来は明るいです。

 

私はリクルートエージェントにお世話になり転職活動を成功できたので自信をもってオススメします。

 

↓↓ 非公開求人数業界No1 ↓↓